統計でみるアシスタンスの必要性

1. 【援護件数の多い在外公館】

国別でみると、世界で日本人援護件数が最も多いのが中国です。

出典:『2011年海外邦人援護統計』外務省領事局海外邦人安全課
      出典:『海外在留邦人数統計(平成24年速報版)』外務省領事局政策課

2. 【在外公館が援護した件数・人数の推移】

日本人の海外渡航者数は、景況にも左右されますが、
援護件数は一貫して増加傾向にあります。


出典:『2011年海外邦人援護統計』外務省領事局海外邦人安全課

3. 【海外における疾病者(公館による援護を求めたもの)の年齢別分布】

働き盛りの方ほど、疾病への備えが必要になります。

出典:『2010年海外邦人援護統計』外務省領事局海外邦人安全課

4. 【海外邦人の死亡要因】

海外で命を落とす邦人の死亡要因の約7割を疾病が占め、
なかでも中高齢者に多い脳卒中・心筋梗塞が約半数を占めています。


出典:『2008年海外邦人援護統計』外務省領事局


中国アシスタンス事例一覧 >>


メールマガジン配信お申込 >>

EAJでは、中国の医療・安全衛生・危機管理に関する無料メールマガジンを発行しています。


EAJへ各種お問い合わせ >>

EAJのサービス内容に関するご質問、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。