EAJアシスタンスの特徴

EAJアシスタンスの特徴

本社コールセンターと現地アテンドスタッフの連携を支えるシステム

世界基準のアシスタンス・ノウハウと
中国現地の特殊事情に配慮したサービス提供を
EAJはどうやって実現しているのでしょう?


「ジャパン・スタンダード・アシスタンス」を中国全土で提供するため、EAJでは本社コールセンターと現地スタッフが連携して高品質なサービスを実現しています。

お客様からの「どうしよう」「今すぐ」を受け付けるコールセンター部門を北京に設置し、日本本社の日本人顧問医や、現地医療に精通した中国人顧問医の指導の下、的確な手配を迅速に進めるシステムを構築しました。お客様からの入電から医療機関との交渉、費用の精算情報に至るまでの一連の情報を参照できる自社開発システムNEO(ネオ)により、全世界のEAJスタッフが情報を共有し、高度な連携を実現しています。

また、現地でアテンド通訳を行うスタッフは、医療知識はもちろんのこと、保険や公的機関の手配などについても研修を受講し、お客様からのご要望を先回りして実現できるよう日頃から準備しています。