中国からの緊急搬送費用が保険適用外となることもあります。備えは大丈夫ですか?

ジェットリターンプラン

企業の海外進出が当たり前のこととなった最近では、高齢の方や持病をお持ちの方が海外赴任されることも珍しくなくなりました。

海外への赴任にあたって、多くの方は民間保険に加入されることと思います。しかし、保険加入前からの持病や、定期的に通院が必要な場合には、治療費用が保険対象外=自己負担とされてしまうことが多くなるので、注意が必要です。

>>アシスタンスと保険の違い

そのうえ、別の地域や日本への搬送が必要な場合には、保険でカバーされず自己負担(または勤務先企業が負担)しなければならない金額が跳ね上がることになってしまいます。
 
発生する費用の総額
 
このように慢性疾患をお持ちの方の場合は、民間保険が適用外となった場合に備えての対策が重要になります。

チャイナプランでは、会員様向けのオプションプランとして、「搬送費用」と「搬送時の医療器材費用」をカバーする「ジェットリターン」をご用意しました。

既往症をお持ちの方が中国に赴任されたり、各地へ出張される際のリスクヘッジ策として、ぜひご検討ください。

オプションサービス:ジェットリターンサービス

ジェットリターンについて

既往症をお待ちの方にこそ、おすすめのサービスプラン。
ジェットリターンに加入いただくと、「搬送サービス」と「搬送時の医療機材」を保険有無にかかわらず無料で手配いたします。

  • 会員1名様毎に個別加入いただくオプションプランです。
  • ジェットリターンのみでのご契約はできません。
  • 会員1名あたりの費用は税込1,500元(年額21,000円)
  • 70才から75才までの方は、同一価格で加入できますが、搬送費用のうち100万円までは自己負担いただきます。
  • 76才以上の方の場合は手配のみ行いますが、搬送費用は全て会員様の自己負担となります。

特に、以下にあてはまる方におすすめします。

  • 日本出国前から医者にかかっている疾患がある
  • 生活習慣病を指摘されたことがある
  • 健康診断で、重病につながるおそれのある結果が出た
  • 慢性的な症状を薬で抑えながら中国で生活している