Archive for 12月, 2015


, 高濃度スモッグによる健康リスクは個人の曝露量を考えることが必要

高濃度スモッグによる健康リスクは個人の曝露量を考えることが必要

北京大学公共衛生学院鄧芙蓉准教授の研究グループより、PM2.5への曝露量と呼吸器の健康との関連性に関する論文を総環境科学誌に発表された。研究結果によって、PM2.5への曝露量は健康被害リスク評価に著しい影響がある。単に室...

続きを読む
, PM2.5による呼吸器疾患のメカニズムに新発見

PM2.5による呼吸器疾患のメカニズムに新発見

細胞生物学領域における国際定期刊行物『オートファジー』という雑誌に、浙江大学医学院附属第二病院の沈華浩研究チームの論文が発表された。オートファジーはPM0.1による気道炎症と気道粘液過分泌には重要なコントロール作用が働い...

続きを読む