企業にとってアシスタンス契約のメリットとは

企業にとってアシスタンス契約のメリット

アシスタンスの企業導入・利用のメリット

企業にとってアシスタンス契約のメリット

企業の海外展開が加速度的に進む中、海外現地での業務を担う社員は非常に貴重な人的資源であることは言うまでもありません。進出先で活躍する社員をいかにケアするかは、送り出す側の日本本社、受け入れる側の現地法人ともに大きな課題となっています。しかも、中国国内での外国人向け医療制度も大きく様変わりしており、人件費の高騰とともに人事や福利厚生の担当者様の重責は日増しに強まり、様々な対応に苦慮されていることでしょう。

国別で比較しますと、「中国」は在外公館での邦人援護件数が世界で最も多い地域であり、一昔前と比較して治安や医療水準は格段に向上してはいるとはいうものの、社員の身に何が起こるか予想しづらい地域であることには変わりがありません。言うなれば、「まさか」の事態が日常茶飯事という地域であり、特に医療面に関しては、企業の危機管理(リスク・マネジメント)が死活的に求められる領域といえるでしょう。

「アシスタンスで世界を広げる」を理念とするEAJでは、自ら蓄積してきた豊富なアシスタンス事例や、企業の経営層・人事部門のご担当者とのやりとりを通じ、企業が進出先で遭遇する様々な困難や、ニーズを定式化しました。EAJはアシスタンスの専門家集団として、企業の海外展開の際に考慮すべき課題をともに解決するパートナーとして、費用面・効果面ともに納得いただけるソリューションを提供できるものと自負しています。

海外進出前の現地医療事情の調査に始まり、平時の健康診断・予防接種の手配、緊急時の医療機関手配、アテンド通訳派遣にいたるまで、EAJの有する全世界規模のネットワークと経験がお役に立てることでしょう。結果として、財務面では医療費用に関するリスクを自ら吸収することのできる大手企業様からも、EAJのサービスを選択いただいているのです。

 

アシスタンス導入にあたり、検討すべき要素は?

1

「社員に安心を提供できるか」

2

「現地・日本ともに対応できるか」

3

「コストパフォーマンスはどうか」

4

「信頼性はどうか」

 
 

EAJアシスタンスの特徴

あらゆる局面に対応可能

24時間対応

EAJの現地ネットワークを生かし、平時の健康管理から、有事の迅速対応を実現しました。

日中両国での対応が可能

日中両国対応可能

海外だけでなく、日本にも豊富ネットワークを有するEAJは、日本への搬送においても頼りになります。

企業にとっても有利

専門家による応対

万一への備えを専門家にアウトソースすることで、コストと品質の両方を最適化できます。

ジャパン・スタンダード

ジャパン・スタンダード

EAJの日本本社は「プライバシー・マーク」の認証を取得済、日本品質のサービスを社員様と企業に提供します。

 

 資料請求ページはこちら  電話でのお問い合わせはこちら