お役立ち情報

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社から
中国にいらっしゃる皆様向けの情報をお届けします。

無料メールマガジン配信をご希望の方は、営業担当までどうぞ。

【メールマガジン配信申込み】へ


, 大気汚染が血管内皮を損傷し、心血管疾患を誘発

大気汚染が血管内皮を損傷し、心血管疾患を誘発

米国心臓病協会は「Circulation research」誌で2016年10月25日に、「大気汚染は健康な若者の血管を損傷する。この結果は、なぜ大気汚染が心血管疾患を誘発するのかを解明するのに役に立つ」と言う新しい研究...

続きを読む
, 発がん物質報告書第14版(米国) :248種類の物質を発がん物質と指定

発がん物質報告書第14版(米国) :248種類の物質を発がん物質と指定

米・保健福祉省が第14版となる『発がん性物質報告書』を発表し、新たに7種の物質が加わり、計248種の物質が発ガン物質と指定された。 新しく指定された7種の物質は、ぞれぞれトリクロロエチレン (trichloroethyl...

続きを読む
, WHO:糖分の多い飲料の消費を抑えるようにと呼びかけ

WHO:糖分の多い飲料の消費を抑えるようにと呼びかけ

10月11日は世界肥満連盟で確定した「世界肥満日」である。WHOは、糖分の過剰摂取は肥満、糖尿病や虫歯の原因になり、ソーダー税を導入することによりそれらの患者を減らす効果があると報告している。 「食事への財政政策と非感染...

続きを読む
, WHO:ジカウイルス、アジアでの拡散を警告

WHO:ジカウイルス、アジアでの拡散を警告

10月10日、世界保健機関(WHO)は、フィリピン・マニラで年度会議を開催し、アジア地域で引き続き新病例や新ジカウイルス感染が爆発的に流行する可能性が「非常に高い」と報告した。ウイルスを持ったネッタイシマカが同地域では大...

続きを読む
, アジア・アフリカ、ジカウイルス感染のリスクに直面

アジア・アフリカ、ジカウイルス感染のリスクに直面

イギリス「ランセット.伝染病」誌の最新号で、中国を含めたアジアの一部国々とアフリカが、ジカウイルス感染症のリスクに直面する恐れがあると指摘した研究結果を掲載した。 昨年以来、ジカウイルス感染症はブラジル、コロンビアなどの...

続きを読む
, 広東省のデング熱症例は前年同期より三割増加

広東省のデング熱症例は前年同期より三割増加

現在、広東省はデング熱流行のピークを迎えており、広州、仏山、东莞、シンセン、潮州などの地域で現地病例が発生している。7日、広東省疾病予防コントロールセンターは、広東省各地の媒介蚊の生息密度は依然と高く、蚊の生息密度を早急...

続きを読む
, ビタミンCを服用し過ぎると腎臓結石に罹りやすい!

ビタミンCを服用し過ぎると腎臓結石に罹りやすい!

最近、著名雑誌「サイエンス」でアメリカWeillcomell医学院が行った動物研究結果が掲載された。研究結果によると、高用量ビタミンC (8グラム/キロ体重)の摂取は、変異した直腸癌細胞を選択的に殺すことができる。それで...

続きを読む
, 驚き!菜食男性は五年間野菜だけを食べて重度脂肪肝に罹った!

驚き!菜食男性は五年間野菜だけを食べて重度脂肪肝に罹った!

皆さんは脂肪肝は太った人だけが罹る病気だと思っていませんか? 簡単に言うと、脂肪肝とは肝臓が太った事を言います。脂肪肝は太った人が罹り、痩せた人は罹らないと、大勢の人が思っています。   身近な例を挙げると、ある男性は菜...

続きを読む
, 1日3食を自宅でとると、糖尿病の発病率は15%低下できる

1日3食を自宅でとると、糖尿病の発病率は15%低下できる

台湾「蘋果日報」HPは、7月6日に、イギリス「デイリーメール」の報道を引用し、ハーバード大学の研究員が、約10万人の中年層を対象とし、26年の時間を費やし、彼らの食事、生活スタイル及び食事場所を詳しく記録。対象となった1...

続きを読む
, 夏に摂取すべき15種の食べ物

夏に摂取すべき15種の食べ物

「1日コップ8杯の水を飲む」とは、よく聞く言葉だ。しかし、日常生活でそれを実現するのは難しい。実は、「水を飲む」以外に「水を食べる」のも重要である。アメリカ「Health」誌の最新記事は、毎日摂取している水分の約20%は...

続きを読む