食前のこの習慣で癌を予防できる

食前のこの習慣で癌を予防できる

イギリスロンドン大学・セント・メリーズ医学院の専門家によると、食前に水を飲むと、集中力を高めるなど6つのメリットがある。

この研究をしている専門家が、3000人ほどの患者に対し行った臨床実験によると、喘息、アレルギー、うつ病、胃潰瘍などの疾病は水分の摂取量と関係があると発見した。「水分摂取量は一部の疾病と密接な関係がある。摂取不足の場合、脳卒中、肥満症などの疾病リスクとなる。」

最近、水分摂取を重視する人は多くなっているが、正しい方法で摂取している人は多くない。時間を選ばず飲む、種類を選ばず飲む……水を飲んでいるけが、正しい水分摂取とは言えない。

実験結果に基づき、専門家は以下の6つのメリットを整理した。

①集中力を高める:脳の活力を保ち、新しい情報を記憶し易くなる。

②免疫力を高める:免疫力を高め、細菌の侵入を防ぐことができる。

③抗うつ:神経を刺激し、抗うつ物質を合成できる。

④不眠症の改善:水は天然の睡眠調節剤の1種である。

⑤抗ガン:造血器をうまく運転させ、癌の予防に役立つ。

⑥疾病予防:心臓、脳の血管を詰まりにくくなる。

専門家は次の「水分摂取スケジュール」を推奨している。

6:30 朝、起床後、身体は水分不足になっており、起きたら、先ず、250CCの水を飲むと、腎臓や肝臓の代謝に役立つ。

8:30 起床してから会社に行くまでの間は、緊張しており、脱水状態になりやすい。会社に到着したら、まず250CCの水を飲む。

11:00 冷房の利いたオフィスで仕事した状態から、身体を動かそうとする際、水を飲み、体内の水分を補充すると、身体をリラックスできる。

12:50 食後30分後に、水を飲むと、消化に役立つ。

15:00 コーヒーや紅茶を飲むより、1杯の水を飲んだ方が頭がスッキリする。

17:30 退社前に、水を飲むと、満腹感を得、夕食時の暴飲暴食を防止に役立つ。

22:00 就寝30分前から1時間前に水を飲む!これで、一日2000CCの水分を摂取できる。但し、夜間トイレで目を覚ますので、摂取しすぎないようにする。

原文:環球ネット 2016年6月16日掲載記事より