免疫力低下の原因

免疫力低下の原因

日常生活で多くの人が風邪を引きやすい。健康に一番影響する要素は免疫力低下である。どうして免疫力は低くなるのか。

睡眠不足の人

睡眠時間が足りないと、体の免疫細胞の数量を減少する事がある。シカゴ大学の研究結果によると、1日7時間~8時間睡眠を取る人に比べて、一日4時間睡眠を取る人の場合、血液のインフルエンザ抗体が前者の50%しかないとのこと。

1.交際範囲が狭い

友誼は免疫力を向上させる効果がある。研究結果によると、友達が少ない人は病気になりやすい。寿命まで影響される。友達の人数が6人以上の場合、風邪ウイルスの抵抗力が4倍になると研究結果より表明された。

2.悪い方向へ思い込む

生活での出来事を積極的に良い方向へ思うようにすれば、身体の状況も改善する。

3.言いたい言葉は言わない

一緒に問題を話し合う夫婦は、血圧と心拍数は下がり、免疫に有益な白細胞数量も増加される。適当な運動をした後の役割と同様である。

4.ストレスをためながら生きる

妻、夫を失った一年間、人間は一番病気になりやすい時期である。同様に、心を落ちつかせられない仕事は免疫力に大きな影響をする。自転車で旅行、ヨガ課程に参加するなどストレス発散のいい方法である。

5.よく車で外出する

車を所持する人が増える一方、約25%の人は歩く習慣を放棄した。研究によると、1日車で移動する人は歩行する人より、病気が治る時間が2倍増える。専門家によると、毎日30分の酸素運動(例:速い歩行)をすると、免疫システムの能率は向上される事ができる。

原文:環境ネット 2016年4月18日掲載記事より