輸入性ジカウイルス症例一件発見

輸入性ジカウイルス症例一件発見

国家衛生計画生育委員会2月9日の報告によると、一件輸入性ジカウイルス感染症例が確定した。
患者、男性、34歳、江西省贛州市贛県人、広東省東莞市某公司の従業員である。発病前にベネズエラ旅行歴がある(ベネズエラはジカウイルス疫病発生国である)。患者は1月28日ベネズエラで発熱、目まい、頭痛の症状があり、現地病院で外来治療を受けた後、2月2日ベネズエラから香港、深セン経由で2月5日江西省贛州市贛県に戻り、6日贛県人民病院感染性疾病科隔離治療を受けた。2月8日、江西省衛生計生部門は患者流行病歴、臨床表現及び現地実験室結果を総合し、当該症例がジカウイルス感染症例と判断し、委員会に報告し同時に、標本を中国疾病予防コントロールセンターまでに照合検査した結果、当該症例は中国輸入性ジカウイルス感染症例第一号と判断した。現在、患者は贛県人民病院に隔離治療を受け続けている。体温正常、皮疹減退、病状は明らかに好転している。
中国疾病予防コントロールセンターと江西省衛生計生部門はスペシャリストを集め、輸入症例より起こった伝染リスクを評価した。スペシャリストの話によると、ジカウイルスは蚊媒介伝染疾病の一種で、主にヤブカを通じて感染する。江西省はヤブカの主要分布地域ではなく現在は季冬春初に当たり、蚊媒介の活動がまだ発現していない。最近の広東省の気温は低くてまだヤブカの活躍期に入っていない。故に、今回の輸入症例より起こる伝染リスクは非常に低い。
現在、国家衛生計生委は江西、広東などの省衛生計生委を指導し、関連診療法案と予防要求に従って、各予防治療措置、流行病学調査、蚊媒介応急監察、愛国衛生運動、健康教育などの措置を着実する。広東等省衛生計生部門は現地疫病監察予防仕事を継続的に展開する。
当該症例関連状況はWHO、香港特区など通報した。
スペシャリストからのアドバイス、近頃ジカウイルス疫病発生国や地域に旅行する時、個人衛生防護を注意する。もし、発熱、皮疹、筋肉関節痛などの症状を起こったら、直ちに医療機関に受診し、医師や看護師に関連旅行歴を告知すべし。

原文:天津疾病コントロールセンター 2016年2月14日掲載記事より