冬にどうやってインフルエンザ感染を防ぐか

冬にどうやってインフルエンザ感染を防ぐか

秋が去り、冬がやってきました。季節の変化により風邪をよく引きます。冬は更にインフルエンザの好発時期で、毎年インフルエンザにかかる人が数万人に達する。病状がひどい場合、入院して治療する必要がある。
それでは、どうやって有効にインフルエンザを予防することができるのか。アメリカの「予防」という雑誌に方法が紹介されている。
以下の方法を参考にして健康な冬を過ごしましょう。
1、適時にインフルエンザの予防接種を受ける
インフルエンザワクチンは70%~90%で人体を保護します。
例え接種した後にインフルエンザに感染しても、その病状を軽減し、併発症の発症率を減少するに役立つ。
10,11月にインフルエンザの予防接種をするのが一番よい。

2、公共物に触るのをできるだけ避ける
公共物に触るのを避けることでウイルスの感染率を下げられる。
例えば、銀行の公共ペン、公共電話、ドアノブ等。

3、液体のハンドソープを常備し、手洗いをしっかりと
液体のハンドソープは静菌作用がありますが、正しく使わなければならない。液体のハンドソープを手に取り10~15秒ぐらい揉みます。揉んだ後に両手がまだ潤いがあるのは、ハンドソープが十分であることを意味する。それから、水ですすぐ。アルコール濃度が60%以上である殺菌ティッシュを使ってもよい。

4、多くの友人を作りよく多くの人と交流する
最新の研究では、友情は精神上のストレスを減少し、体の健康を改善する事に役立つことが発見された。小さなグループだけにいる常に孤独を感じる人より、交際範囲の広い人はより多くのインフルエンザの抗体が発生するのです。

5、適度に自分にプレッシャーをかける
人はプレッシャーを感じる時に、体内から警告の信号を発し、減圧ホルモンとアドレナリンを放出して、免疫システムによりより多くの免疫細胞を作る。プレッシャーを長く感じ続けると、マイナス作用を生じるので、現実に合う適切な短期の目標を作る事は免疫力を強めることに役立つ。

6、よく運動し、よくマッサージをする
毎日3時間ぐらい積極的に体を動かす人は、運動量の少ない人よりインフルエンザにかかる確率が35%低い。毎週早歩き、階段登り、或は卓球、何でもよいので、3回程運動するほうがいい。

7、盲目にビタミンを補充しないこと
毎日多くのビタミンを服用してもインフルエンザに感染する確率を下げる可能性が低いほか、体にもあまり良くない。食事療法が一番良い方法だが、毎日1回多種類のビタミンを補充することも役立つ。或はビタミンA、B6、B12、C、D及び葉酸、セレン、カルシュウム、亜鉛等のミネラルを含む複合型ビタミン剤を服用するのも一つのいい選択。

8、人参、黄耆を服用する
人参、黄耆は骨髄を刺激して、白細胞を生み出すことができる。白細胞は抗体を生み出すことができ、抗ウイルス機能のインターフェロンがある。毎日200ミリグラムの人参カプセルを服用することで、インフルエンザにかかる確率を30%下げることができる。毎日3回で、毎回2錠の500ミリグラムの黄耆根カプセルを服用して、三ヶ月以上を続けると、人体は十分の免疫力をつけることができる。

9、睡眠をたっぷりと
睡眠をたっぷり取ることが冬で最も重要のこと。毎日7.5~8.5時間寝る人と比べて、毎日4時間ぐらい寝る人は、生み出した抗体が半分減少することが発見された。

10、インフルエンザを治療する薬を服用する
インフルエンザにかかった場合、先生の指示に従い薬を服用する。

 

環球ネット11月24日