広東港の検出入境デング熱同比増加146.7%

広東港の検出入境デング熱同比増加146.7%

広東の出入国検査検疫局からの情報によると、デング熱予防を強化した。
8月17日までに、港口で37例デング熱検出、同比増加146.7%。
現症例は直ちに発見、検出と随時制御している。

最近、国際デング熱疫病はかなり流行している。世界衛生組織による8月12日のデータによると、東南アジア、アメリカと近辺の国ではデング熱病例平均数は1万件ぐらい、
マレーシア、ベトナムなどの国家症例数は前年同期比3割以上増え、ブラジル症例数はさらに100万例超える。

デング熱の発生を防止するために、国境を越える出入国者に対して、今年度初めから、広東検査検疫局では、第一にリスク評価を強化、デング熱発国・地域の人々は重点監視を実施する。第二は、デング熱などの予防知識宣伝と教育を展開、出入国者の自己保護意識高める。第三は防蚊と蚊の繁殖地を消除する。第四は人材育成、非常事態ドリル行い、緊急準備作業を実行する。 第五は、保健計画部と連絡絶えず、港と他の関連した単位は共同防止と管理を強化する。

原文:天津疾病コントロールセンター 2015年8月18日掲載記事より