天津爆発事故と関連する責任者を取刑事拘留

天津爆発事故と関連する責任者を取刑事拘留

天津港8月12日重大火災爆発事故が発生後、検察機関は積極的に事故調査を行う。調査によれば天津交通委員会が天津港危険化学産業運営・管理部門として危険化学品経営業務の審査、監察、管理職務を履行する。天津安全生産監督管理局と浜海新区安全生産監督管理局は安全生産監督管理部門として特に生産の安全性監督を担当し、企業の生産安全監督管理する責任があるにも関わらず、瑞海会社が安全隠しと違法経営問題を直ちに発見、処罰をしてないことが明らかにした。
濱海新区企画と国土資源管理局は区の建設項目企画管理部門として、区内で危険物専用の倉庫業務企画を審査責任義務がある。またある責任者は安全な距離ではないのに厳しく審査せず、違反で経営許可を認めた。天津新港税関責任者は危険化学品事業に対して厳しく規制監督せず、日常監督仕事、危険化学品経営活動に厳しく管理をせず、瑞海会社を違法の経営活動に協力し順調に危険化学品が輸出できるように手伝う。天津港(グループ)株式会社は安全生産監督をする会社として区内で安全生産監督業務、ある関連責任者は瑞海会社が安全生産リスクがあるにも関わらず、処置や処分をしてない。交通運送部水運局副巡視員王金文は安全性が整ってない瑞海会社を協力して安全審査、資格承認を許可した。
天津で起きた大規模な爆発で、検察当局は、危険物を倉庫に保管していた会社に対する行政の監督が不十分だったとして、天津市の局長級の幹部ら11人を職務怠慢などの疑いで拘束した。倉庫を所有する会社が危険物を違法に取り扱っていたのに、行政の監督が不十分だったことなどが分かったとして、天津市の局長級の幹部や港の税関長ら10人を職務怠慢の疑いで、国の交通運輸省の副局長級幹部1人を職権乱用の疑いで、それぞれ拘束した。このほか、会社の経営陣ら12人がすでに刑事拘留されていると伝えている。また今負傷している2名の責任者に対して刑事拘留待ち。
現在145人の身元を確認した。その中公安消防官21人、天津港消防士67人、警察9人、その他48人、行方不明28人、その中消防職員3人、天津港消防員13人、警察2人、その他公安消防官3人、入院治療474人の中危篤7人、重症21人、退院323人。