熱中症に注意

熱中症に注意

暑い夏と初秋の時期に、高温、高湿度、強い熱放射の影響で、人体の体温調節、循環器系、消化器系、神経器系、泌尿器系等の生理機能に変化を引起こしやすい。その変化に慣れなければ、生理機能に乱れが生じ、体温が異常に上昇し、熱中症になる恐れがある。
熱中症は、高温の気象条件で直接引き起こされた軽症熱中症と重症熱中症の臨床症状で、普通の風邪、急性胃腸炎等の病気で起こった関連症状ではない。軽症熱中症の臨床症状は目眩、頭痛、顔色が赤くなる、喉の渇き、大量発汗、全身のだるさ、動悸、脈拍加速、集中できない等の症状で、体温が38.5℃を超える。重症熱中症は熱射病、熱痙攣、熱疲労があり、混合の症状が出る時もある。熱射病は熱中症性高熱とも呼ばれ、高温の環境で突然発症し、体温が40℃を超え、初期大量発汗するが、進行すると無汗になり皮膚が乾燥し熱く紅潮し、程度の違う意識障害が生じる等の特徴がある。熱痙攣は主に収縮痛を伴う筋痙攣の症状が起こり、よく運動している四肢筋及び腹筋に発症しやすい。熱疲労は発症が早く、主な症状は目眩、頭痛、多汗、口渇、吐き気、嘔吐等。そして皮膚が冷たくなる。血圧を下げる、不整脈が生じる、軽度脱水等症状も出る時もある。
それでは、高温の時に、どうやって熱中症を予防すればいいだろう。
第一、まずは大量に水を補給すること。高温の時、運動量に関わらず、液体の摂取量を増やす必要がある。水を補給する場合、口渇の時だけ補給するのではなく、こまめに補給すること。多くの水分を失う為、アルコールや大量の糖分がある飲み物はやめた方がよい。その他、胃痙攣を予防する為、冷たすぎる飲み物は控えたほうがいい。
第二、塩分とミネラルを補給すること。大量発汗によって人体内の塩分とミネラルが失われる。失われてしまった塩分とミネラルを補給しないと人体の需要を満たさない。スポーツドリンクは発汗によって失われてしまった塩分とミネラルを効率よく補給することが出来る。減塩食をしている場合、スポーツドリンクを飲む前に、塩錠剤を服用する前には、医師に問い合わせたほうがよい。
第三、栄養のバランスが取れた食事をすることと十分の休養を取ること。消化の悪い食べ物は体に超過負担をもたらす為、脂っぽい食べ物を控え、あっさりした食事をしたほうがよい。ところが、高温の環境では、更にカロリーを摂取しなければならないので、果物や野菜を多く食べて、タンパク質、ビタミンとカルシウムを補給すること。その他、休みを取ることも大事だ。
第四、薄手で風通しの良い服装と日焼け止めクリームを塗ること。外出時に、できるだけ色の浅いゆったりした服装にしよう。それから、大きな鍔のある帽子や、サングラス、日焼け止めクリームを塗ることで強い日差しを防ぐ。
第五、高温時の外出を控える。どうしても外出する必要がある場合、正午の時間帯を避け、朝と夕方にしたほうがよい。なるべく日陰を歩いたり、休んだりして、直射日光を避けたほうがよい。
第六、涼しい環境に居ること。高温時には、なるべく室内で行動したほうがよい。エアコンをつけた方がよい。
第七、赤ちゃん、子供、65歳以上又は疾患のあるお年寄り及び、高温環境の下で作業している人への関心を深めること。高温時に風通しの良いゆったりした服装を子供に着させ、外出時、帽子と日傘を使用し、赤ちゃんや子供を車に残さないようにすること。お年寄りに対して、毎日少なくとも午前と午後の2回の訪問や、電話をすることで彼らの安否を確認をする方がよい。高温環境の下で作業している人に対して、熱中症を予防する措置を取り、熱中症の気配があるかどうかを注意することだ。
第八、熱中症になってしまった場合、患者を風通しの良い涼しいところに移動させ休ませる。患者の意識がはっきりしていて、吐き気、嘔吐等の症状がなければ、薄い塩水、お茶等を飲ませ体温を下げ、補血する効果がある。重症熱中症の患者を救うには、体温を下げることが一番大事なことだ。氷水、井戸水、アルコール等で全身を拭く、若しくは頭部、脇下、そけい部等の大血管のところに氷嚢を置く等の措置を取り、体温を下げるようにして、近くの病院に受診することだ。(患者が震えたら、体温を下げる過程を緩めるべき。体温を38.3℃以下に下げていはいけない。)

原文:上海市疾病コントロールセンター 2015年7月6日掲載記事より