警戒H6N1亜型の鳥インフルエンザウイルスがインフルエンザを誘発

警戒H6N1亜型の鳥インフルエンザウイルスがインフルエンザを誘発

5月6日中国科学院微生物研究所のニュースによると、この研究所研究員、中国科学院院士の高福グループはH6N1亜型鳥インフルエンザのウイルスが物を通して伝播するメカニズムを新たに発覚して、専門家はこのウイルスは命を脅かす脅威となるので注意を呼びかけている。

鳥インフルエンザは様々の形で現れて、「H」と「N」はウイルス殻の2種類重要な蛋白質赤血球凝集素や神経ペプチドニン酵素である。資料によると、H6N1亜型インフルエンザウイルスの感染は、1972年以来、台湾本土家禽にて流行となった。2013年6月、台湾地区での発見は世界初家禽が人に感染させた例であり、H6N1ウイルス伝播分子メカニズムは科学界注目焦点となる。  
 
高福グループは、現在大部分H6N1亜型インフルエンザウイルスは人体で伝播制限を受けでいるが、新型インフルエンザウイルスH7N9場合と同様に、H6N1亜型インフルエンザウイルスとH9N2亜型インフルエンザウイルスが遺伝子組み換え後に、新しいインフルエンザウイルスを引き起こし大爆発する可能性がある。 
研究者は、今回H6N1亜型鳥インフルエンザウイルス偏好性結合人源受容体、これはインフルエンザウイルスと似ていて、他の遺伝子の変異を加えれば、極めて大流行ウイルスを引き起こす可能性が高いと強調している。

原文:天津市疾病コントロールセンター 2015年5月11日掲載記事より

このページの先頭へ