VDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)とは

VDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)とは

長時間パソコンや携帯電話、端末タブレット等を使用することによって起こる症状
情報技術の劇的な進歩により、パソコンや携帯を使用する頻度や時間が増え、眼精疲労、身体的精神的疲労などの症状を訴える人が増加している。
目の症状
目の渇き、物がかすんで見える、目が痛い、目が疲れる、まぶしい、涙がしょっちゅう出る、目が赤くなる、目が乾くなど
身体の症状:首や肩のこり、腰痛、背中の痛み、腕の痛みや手のしびれなど
心の症状:イライラ感、不安感、憂うつ感、倦怠感、不眠、無気力など
長時間のパソコン業務をしている人は、数時間に何回かこまめに休憩を取るように心がけた方がよいだろう。

このページの先頭へ