今年、インフルエンザが原因で香港で200名死亡

今年、インフルエンザが原因で香港で200名死亡

香港でインフルエンザが続けて危害を与え、一日で8人が亡くなったと中新社香港2月15日のニュースからわかった。
1月2日から2月15日まで、死亡数は204人。
過去四、五年と比較すると、今年のインフルエンザの状況は非常に悪い。
15日午後、香港特区政府衛生署が冬インフルエンザの最新測定データを公表した。14日昼ごろから15日昼ごろまでで、18歳また成人のインフルエンザが新たに9件入院治療と死亡の案件を増加し、その中の8人が亡くなった。今年、記録した案件は計291件で、204人が死亡し、279件が甲型インフルエンザH3N2の原因だ。去年の冬インフルエンザ季節期間中で記録した案件は266件で、133人が亡くなった。
但し、14日以降、18歳以下の児童にはインフルエンザに関係がある合併症また、死亡ケースの報告はない。
過去の甲型インフルエンザH3N2が流行した時期では、死亡ケースは、ほかの年より高い。
今年、季節性インフルエンザ死亡ケースの中で、老人と慢性病患者が多数を占めた。しかし、以前、香港でいくつかの中学校、小学校及び幼稚園にインフルエンザが爆発したことがあった。野生の鳥類、生きる家禽を接触せず、生きる家禽の販売市場もいかない。体調が悪い時、早めに病院へ行った方が良いと香港市民にアドバイスをした。

原文:天津市疾病コントロールセンター 2015年2月16日掲載記事より

このページの先頭へ