【医療衛生情報】鼻炎が発生繰り返しやすい4つの症状に注意

【医療衛生情報】鼻炎が発生繰り返しやすい4つの症状に注意

鼻炎は生活中によく発生する鼻の炎症で、主に細菌感染、ウイルス感染による病気です。命を脅かすことになりませんが、患者の日常生活及び仕事に大きな支障をもたらします。鼻炎の発生は繰り返しやすいため、数多くの合併症を引き起こします。そうすると、患者の健康を損なうことになり、すぐに病院に受診することがとても大切です。それらの危害の発生を防ぐため、人民病院耳鼻咽喉科の馮先生から鼻炎にかかった症状を紹介していただきました。

症状一:鼻炎にかかった後、患者の鼻腔内に大量の分泌物が出てきます。症状によって分泌物の量も違います。鼻炎患者の分泌物の多くは膿性分泌物で、鼻腔詰りになりやすい。

症状二:鼻づまりは鼻炎患者の主な症状の1つです。分泌物が多すぎるため、鼻腔が詰まり、空気が鼻の奥まで到達できなくなります。そうすると、鼻炎患者は寝る時にいつも口を開いて呼吸します。それが長く続けば、いびきをかき、さらに多くの合併症を引き起こすので、なるべく早く治療した方が良い。

症状三:嗅覚が衰える。鼻炎患者は鼻腔の持続詰りで、頭及び血液中の酸素の量が減り、頭痛、めまいなどの症状が出てきます。

症状四:長期間鼻炎を患っている患者は低酸素症が現れますので、よく全身がだるい、集中できないなどの症状が出てきます。

では、普段からどうすれば鼻炎の発生を防ぐことができるのか。馮先生は、まず食事を注意し、栄養のバランスを取ること。塩辛いものや揚げ物、炒め物などの熱性食べ物を控え、ビタミンの多い野菜や果物をたくさん食べるとよい。仕事、生活の環境を重視し、ほこり及び、特に有害汚染物質との接触を避けた方が良い。運動を通じて、免疫力を高め、血液循環を改善し、鼻腔内の血の流れも良くなります。風邪を防ぐには防寒に注意すべき。そうすると、冷気による鼻粘膜への刺激を和らげます。天気によってマスクをつけた方が良い。疲れないように休みを大切にし、徹夜はしない方が良い。普段ドライヤー或いは温湿布で鼻の局部または額を温めるのも血液循環の改善に役立ちます。不愉快なことや悩みなどをいつも考えずに毎日を楽しく過ごすのが何より大切です。

原文:健康報ネット 2014年10月30日掲載記事より

このページの先頭へ