【医療衛生情報】生活のバランスを取らないと、五臓に悪影響を及ぼします。

心、肝、脾、肺、腎が人間の一番大事な五つの器官です。その五つの器官が健康と寿命に対して、重要な役割をしている。
しかし、生活の質が向上し、ストレスの影響で、生活や交際などで悪い習慣が身につきました。例えば、暴飲暴食やタバコの吸いすぎなど。それらをコントロールしないと、五つの器官が傷つき、病気になるばかりでなく、寿命も短くしてしまう。

高脂血症が心臓に良くない。40歳以上の女性、45歳以上の男性が脂肪代謝の機能が衰えて、体内が飲食で脂肪を取り過ぎて、高脂血症や冠状動脈心臓病になります。人は、中年を過ぎると、アルコールがお腹を壊す薬となり、さっぱりした料理を食べるのが長生きのコツと覚えて下さい。
お酒は肝臓に良くない。同僚、親戚の集まり時、お酒は避けがたいものです。頻繁に飲むと体に良くない。頻繁に飲酒をされる方(特に白酒)は、肝臓が悪くなります。例えば、多量の飲酒嗜好がある方は肝硬変やアルコール中毒や肝硬変腹水などになります。

暴食が脾臓に良くない。脾は人間が生きるため重要な臓器だと言われます。暴飲暴食で脾が傷つきやすいので、慢性胃炎や急性胃炎などになりやすいです。それは、消化器にとって悪く、栄養不足になり、血気不足になり、免疫力が弱くなります。

タバコは肺に良くない。肺は空気から得た酸素を体内に取り込み、老廃物である二酸化炭素を空気中排出する役割を持つ。タバコの中にはニコチンや有害物質があり、大半は肺にとって危険性があります。特に肺癌に関係があります。

性行為をし過ぎると、腎臓に良くない。ある男性は、ストレスを発散のため、よく風俗店に通って、刺激を追い求めています。実は、男性にも、女性にも、危険なゲームです。性行為をし過ぎると、精子をすり減らし、腎臓が性機能衰弱になります。「腰がだるい」、「耳鳴り」、「眩暈」、「体力が足りない」、「インポテンツ」、「早漏」など病症が出てきて、仕事と生活に悪影響を及びします。性病やAIDSまでなるかもしれません。

つまり、日常の生活で人間は五つの器官を大事にしなければなりません。特に、中年を過ぎた人達は器官機能がだんだん弱くなる為、良い習慣を身につけないといけません。勝手に体が丈夫だと思っても、我が儘と気づかないといけません。五つの器官を大事にしたら、健康も長生きもうまくいくようになります。

原文:健康報ネット 2014年11月5日掲載記事より

このページの先頭へ