【医療衛生情報】脳に最も悪影響を与える6種類の食物

【医療衛生情報】脳に最も悪影響を与える6種類の食物

食事によって私たちは智力を上げる事ができる。しかし一部の食物は、人の警戒力、記憶力、気持ち、精神に影響し脳に悪影響を与えてしまう。それは、米国の最新情報《医薬日報》に研究の結果証明され、“最も脳に悪影響を与える6種類の食物”という記事で掲載された。

1. カフェイン
米国Pennsylvania Bryn Mawr病院の心理学者Dr.Lauren Napolitanoによると心理的問題がある人はカフェインを避けるべきだとされている。大勢の方はコーヒーを飲む事で眠気などの症状に対処するが、無意識に自分を焦燥的な心理状態へと陥らせてしまうという。

2. 調味料
Delawareの医学専門家Dr.Chad Lawrenceの研究発見では調味料を食べ過ぎると頭痛と胸内苦悶を引き起こすだけではなく、脳の健康にも重大な損傷があるとされている。原因としては、調味料は精神細胞受容体へ過度な刺激を与え、神経細胞まで死滅させてしまうのだ。

3. 防腐剤を含めた加工食品
運動栄養士Dr. Brandon Mentorにより、加工食品は防腐剤、色素、人工香料など行動を司る部分と大脳の認識する部分に影響を与える成分が含まれている。

4.過剰な塩分
《老衰精神生物学》によれば、塩分の取り過ぎは、高齢者の認知能力の退化を加速させるという研究結果が記載されている。

5.過剰な糖分
Dr. Mentorによれば、長期的に大量の糖分を取り過ぎると、記憶力が下がるなどの問題が発生するそうだ。《生物学雑誌》では、果糖は大脳と記憶力の能力を下げることが研究で発見されたと記載されている。


6. トランス脂肪酸
2012年の研究結果において、トランス脂肪酸を取りすぎは、“悪い” コレステロールが上がるのみならず“良い” コレステロールも下がってしまい、大脳の萎縮を引き起こす可能性がある。トランス脂肪酸は脳血管を退化させ、動脈硬化の危険性が増すという。

原文:健康報ネット 2014年8月18日掲載記事より

お問い合わせはこちらから >>

<関連中国医療記事>

このページの先頭へ