【医療衛生情報】ヒト感染鳥インフルエンザウイルスA(H7N9)-速報

【医療衛生情報】ヒト感染鳥インフルエンザウイルスA(H7N9)-速報

2014年1月9日中国国家衛生・計画生育委員会は、新たに7例のヒト感染鳥インフルエンザウイルスA(H7N9)の実験室確定症例を世界保健機関(WHO)に報告した。

H7N9

1月4日にWHOが入手した情報:

上海市の86歳の男性が12月26日に発症し、12月30日に入院。現在重体である。
患者は生きた鳥との接触歴があった。

1月5日にWHOが入手した情報:

浙江省紹興市の34歳の女性が12月29日に発症し、1月2日に入院。現在重体である。

1月6日にWHOが入手した新たな2例の症例情報

・広東省仏山市、47歳の男性が12月25日に発症、1月6日に入院。現在重体である。
  患者は生きた鳥と接触歴があった。
・広東省陽江市、71歳の農民男性が1月1日に発症、1月4日に入院。現在重体。

1月8日にWHOが入手した新たな3例の症例情報

・江蘇省南京市、54歳女性。12月20日発症、12月27日に入院。現在重体。患者は生きた鳥と接触歴があった。
・広東省深セン市、31歳男性。12月30日発症、1月3日に入院。現在の病状は安定している。
・広東省仏山市、51歳女性。12月31日発症、1月3日に入院。現在重体。患者は生きた鳥と接触歴があった。

現在、感染源の調査をしている段階であり、現在までにヒト-ヒト間の感染の確実な証拠はない。
中国政府は引き続き以下の監視と予防措置を行う:

  • 監視と疫病分析の強化
  • 症例の管理と治療の強化
  • 公衆への注意喚起、及び情報の発信
  • 国際協力、コミュニケーションの強化
  • 科学研究の促進

WHOはこの件に関し、入国港で特別なスクリーニングを実施せず、現時点では旅行や貿易の制限措置を取らない方針である。

原文:中国疾病予防コントロールセンターサイト 1月13日掲載記事より

ヒト感染鳥インフルエンザウイルスA(H7N9)の最新情報については、在中国日本国大使館HPをご参考ください。

<関連記事>

このページの先頭へ