EAJ社員インタビュー④ 保険請求処理に詳しいQさん

EAJ社員インタビュー④ 保険請求処理に詳しいQさん

チャイナプラン通信では、「医療アシスタンス」という業務を皆様にご理解いただくため、当社のいろいろな部署・地域で医療アシスタンスに携わる社員にインタビューをしていきます。

4回目の今回は、EAJ北京オフィスに所属し、お客様や医療機関からの費用の請求処理を担当しているQさんです。

Q:出身はどちらですか?また、Qさんは日本語が堪能ですが、どちらで勉強したのですか?
A:出身は山東省諸城市という所です。1960年代以降、たくさんの恐竜の化石が発掘されたため、別名「竜城」と呼ばれているんです。
  専門学校を卒業した後、地元企業に就職し、2000年9月から2002年9月まで、研修生として日本の会社に派遣されました。その間に日本語の日常会話を身に付け、日本の文化等もすこし理解しました。中国に帰国した後、日本語能力を磨くため、北京にある大学に入って日本語の勉強を3年間続けました。

EAJ社員インタビュー



Q: Qさんは北京の保険請求処理部門で勤務しているようですが、具体的にはどのような仕事内容ですか?
A:お客様がお支払いになったりEAJが立て替えたりした医療費用の保険請求処理を行っています。中国の医療機関及びお客様から受領した請求書類の査定や入力等の業務をしています。

Q:中国全体では、どの地域で一番治療費の請求が多いですか?
A:やはり日本人の方々が多く住む上海地域からの請求が一番多いです。

Q:医療機関からの請求を査定する上で、注意していることは何ですか?
A:各医療機関によって治療方針や請求が異なるため、査定のポイントも違います。例えば上気道感染(いわゆる「風邪」)等の軽い症状の治療なのに、1万元以上の高額な治療費が発生している場合、治療項目及び治療方法を確認したうえで処理をします。必要に応じて医療情報も提出いただくこともあります。

EAJ社員インタビュー



Q:チャイナプランのお客様がQさんの部門に、加入する保険会社宛の治療費の請求書類を送った場合、どのくらいの期間で支払われますか?また支払い方法は?
A:可能な限り到着から10営業日以内にお客様ご指定の口座へお支払いするように心がけています。お支払方法はお客様の口座への電信送金となります。


◆EAJ社員インタビュー一覧◆

▶ EAJ社員インタビュー① 中国センター長よりご挨拶
▶ EAJ社員インタビュー② 大連の医療機関事情に詳しいSさん
▶ EAJ社員インタビュー③親切に医療機関を紹介してくれるHさん

このページの先頭へ