北京緊急医療アシスタンスセミナー開催報告

北京緊急医療アシスタンスセミナー開催報告

6月18日、北京市東城区の北京港澳国際医務診所(香港インターナショナルメディカルクリニック)において、EAJとクリニック共催にて緊急医療アシスタンスセミナーを開催し、盛会のうちに終了しました。

第一部ではクリニックの張慕梅看護士より、「心肺停止時、現場で行う応急蘇生措置」について講演を行い、アメリカ心臓協会が2010年に新たに発表した心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドラインについて詳しくご紹介頂きました。講演の後、人形を使った心臓マッサージや人工呼吸の実習があり、セミナー参加者の方々も積極的に応急蘇生措置を体験されていました。

北京緊急医療アシスタンスセミナー



第二部ではEAJ中国センター営業部の朝間より、「医療アシスタンスの現場―電話によるサポート」と題して、EAJが行う業務について電話による医療機関手配の観点からご説明しました。EAJではどのようにお客様から電話を受け、病院を選択・提案し、受診の手配を行うかを、映像や音声を使って説明を行いました。また、現地の救急車事情等のご質問にお答えしました。

北京緊急医療アシスタンスセミナー



第三部では、クリニック係員のご案内で、改装まもないクリニックの施設や先進設備等を見学いただきました。

北京緊急医療アシスタンスセミナー



今後も中国各地域で同様のセミナーを開催する予定です。
現場サポート、医療搬送についても、次回以降のセミナーで取り扱う予定ですので、
ご興味のある方は是非ご参加ください。

◆関連記事◆
▶ 北京緊急医療アシスタンスセミナー開催のお知らせ

▶ お役立ち情報一覧へ