【チャイナプラン通信vol.25】 アクセサリーの清潔は大事

【チャイナプラン通信vol.25】 アクセサリーの清潔は大事

先日、南京婦幼保健院皮膚科が調査した結果、気温が上がるにつれて、アクセサ リーによって起こる皮膚病の患者が急激に増えている。

◆当社は中国の医療・衛生・安全に関するメールマガジンを毎月無料で配信しております。配信ご希望の方は、こちらのフォームよりお気軽にお申し込みください。

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012.8

◆【チャイナプラン通信vol.25】アクセサリーの清潔は大事◆

日本エマージェンシーアシスタンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
チャイナプラン通信は中国で活躍する皆様へ医療情報をお届けする
メールマガジンです。

チャイナプランについてはこちら
↓      ↓      ↓
http://china-plan.emergency.co.jp/

〈日本への医療滞在ビザのお問い合わせ先もトピック最後にご案内しております〉

┏━━━━━━━━━━━━━☆今月のトピック━━━━━━━━━━━━━━┓

■■■■健康・医療ニュース《夏の皮膚病、アクセサリーの清潔は大事》
■■■事故・アシスタンス例《交通事故/Kさん(30代女性)、Mちゃん(2歳)》
■■中国法定感染症報告(2012/6)
■お問い合せ(チャイナプラン・MEJ/医療滞在ビザ)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■■■健康・医療ニュース《夏の皮膚病、アクセサリーの清潔は大事》■■■■

健康・医療に関わるニュースをお届けいたします。

◆夏の皮膚病、アクセサリーの清潔は大事◆

先日、南京婦幼保健院皮膚科が調査した結果、気温が上がるにつれて、アクセサ
リーによって起こる皮膚病の患者が急激に増えている。夏は皮膚病になりやすい季
節で、合金材質のアクセサリーをつける人はさらに皮膚病になりやすい。
中国での皮膚病患者の中で、アクセサリーによって起こる皮膚炎は9%を占める。
夏は体から汗が多く出て、アクセサリーの手入れが足りない場合は、水あかなどし
みものが残留して細菌が繁殖し、アクセサリーに接触した皮膚は脱皮、かゆみなど
の症状が出る。特にメガネ、ベルト、イヤリングなどは皮膚病を引き起こす原因に
なる。
しかし、アクセサリー中の合金材料はさらに皮膚病を引き起こし易い。近年では特
にクロムと白銅成分を含んだ合金のアクセサリーが原因で引き起こされるコンタク
ト性皮膚炎が一番多い。クロム、白銅アレルギーでは女性は男性の10倍にもなる。
指輪、イヤリング、ネックレスなどアクセサリーに含んだクロムと白銅成分は皮膚
炎を引き起こし、ひどい場合には、喘鳴、蕁麻疹などの全身性病になる。多くの人
はアクセサリーを長年利用しても洗う事が少なく、あかが溜まってしまっている。
指輪をつける部分の細菌数は他の部分の9倍である。それにアクセサリーの中には放
射性元素を含んでいる可能性もあり、放射能汚染になる場合もある。
例えば、ゴールドアクセサリーは皮膚のアレルギーを引き起こすだけでなく、皮膚
に放射性損傷を引き起こす可能性もある。それは放射性元素コバルト、ラジウム、
ポロニウムなどとゴールドは同じ鉱床にあって、採掘、製錬の時にわずかな放射性
元素はアクセサリーに残留し、放射能汚染になる。アクセサリーは必ず常に清潔に
し、暑い日にはなるべくアクセサリーをつけない。終日アクセサリーを身につける
のを避け、夜はアクササリーを外す習慣をつける。また、クロムと白銅成分を含む
合金アクセサリーをなるべくつけない。アレルギー体質、特に傷跡が長く残った方
は金属アクセサリーをつけない方が良い。

参照ページ:健康ネット新聞ホームページ (http://www.jkb.com.cn/

◆腹六分目で寿命が20年延びる、節食は老化を抑制する◆

新華新聞社は、英国《毎日郵報》が2012年英国皇室学会夏季科学研究会の一つの研
究から、節食は寿命を延ばすこと、食物摂取を40%減らすこと、つまり毎食腹六分目
にすることにより、寿命が20年延びることを報道した。

[ラット実験での検証]

英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの健康老化研究所の研究員は老化という
「疾病」を抑制する研究に専念しており、研究チームのリーダーMatthew・Piperは
「実験ラットの食物摂取量を40%減らすと寿命を20~30%伸ばすことが可能であり、
これは人間の寿命でいうところの20年に相当する。他の動物、たとえばラブラドー
ル犬などでも同様の結果が現れた」と述べた。
また、当研究所では主に遺伝子(先天性要素)とライフスタイル等(後天性要素)
に着目し、老化にどのような関わりを持つかを長年研究している。

[ショウジョウバエの遺伝子を組み変えて、寿命を延ばす]

英国《The Independent》は、Matthew・Piperが「老化と関連性がある遺伝子を見つ
けることができたら、老化を遅らせることができる。私たちはその遺伝子について
すでにおおよそ検討がついている」と述べたと報道した。
研究員は実験室にてショウジョウバエの遺伝子を組みかえることにより、寿命を延
ばし、またアルツハイマー病を引き起こす可能性がある遺伝子変異の影響を弱めた。
ショウジョウバエと人類の遺伝子は60%が同じで、老化のプロセスも似ている。
ショウジョウバエの老化症状は比較的明らかである。
(例)飛行中転落しやすくなる、這うのが遅くなる、少食となる、記憶力低下等。
「これらの症状は老化症状と似ている。」

[老化抑制のための節食が、人類に応用できるかはまだ日を待たねばならない]

新華新聞社からの報道だが、研究員は「老化進行を遅らせ、老化がもたらす疾病を
予防することは、寿命を延ばすだけでなく、健康的でもある」と考えている。
研究員は、飲食習慣と薬物を調整することによってショウジョウバエとネズミの寿
命を延ばした。この方法はヒトに適用できる可能性があるので、老化に関わる疾病
の治療に役立つかもしれないと考えている。
例えば:心臓血管病、癌、神経退化性疾病など。
Matthew・Pipeは「新しい角度から見ると、上述の慢性病はよくある病気(老化現象)
である。老化現象の治療が可能であれば、老化による疾病も治療できる。」と
言った。しかし、研究員達は「この研究分野は10年前に開始したばかりで、現在は
まだ理論段階で、ヒトへの応用ができるかは不確定である」と補足している。

参照ページ:健康ネット新聞ホームページ (http://www.jkb.com.cn/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■■事故・アシスタンス例《交通事故/Kさん(30代)、Mちゃん(2歳)》■■■

▼事故例
ご主人の上海赴任のため、今年から上海にお住まいのKさん。上海の暮らしにも
だいぶ慣れてきたKさん。
ある日、2歳になるお子様Mちゃんと一緒に近所のスーパーへ自転車に乗り向か
っていると、横から信号を無視してきた電動自転車が飛び出し、Kさんの自転車
に衝突。KさんとMちゃんは自転車ごと転倒してしまった。
Kさんは両腕を打撲し、Mちゃんは外傷はないものの自転車の下敷きになってしま
っていたため、念のため2人で病院に行こうとご主人に電話をするも、会議中の
ため出られない…。

アシスタンス例
①Kさんよりチャイナプランラインに入電がある。
②ご希望により、最寄の親子同時に受診できるクリニックを予約手配した。
*総合病院の場合、12歳以下のお子様は受け入れてもらえない可能性があり、
親子で受診できない可能性がある。
そこでKさんとも相談し、クリニックを受診することに決定した。
③治療費のお立替サービスを行った。
④保険金の代理請求を行った。

★★まさか、、、の備えもチャイナプラン★★
http://china-plan.emergency.co.jp/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■ 中国法定感染症報告(2012/6)■■

≪発症数上位5≫
肺結核         118,740例
B型肝炎        101,592例
梅毒          38,231例
アメーバ性赤痢     24,890例
C型肝炎        18,294例

≪死亡数上位5≫
エイズ           1339人
肺結核           142人
狂犬病           97人
B型肝炎          50人
梅毒             9人

(参考:中国衛生局ホームページwww.moh.gov.cn )

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■ チャイナプランへのお問合せ ■

チャイナプランは、
クーリングオフも可能な安心商品となっております。

駐在員、ご家族の方の安心中国ライフをサポートする
チャイナプランについてはこちら
↓    ↓    ↓
http://china-plan.emergency.co.jp/

チャイナプランや中国医療情報についてご質問、ご意見を受け付けています!

お気軽にご連絡ください。

●電話でのお問合せ
フリーダイヤル:800-8100-194
携帯電話専用 :400-8989-711

●E-mailでのお問合せ
日本エマージェンシーアシスタンス営業部:   sales-cn@emergency.co.jp

■ Medical Excellence JAPAN / 医療滞在ビザへのお問い合わせ ■

Medical Excellence JAPAN(MEJ)コンソーシアム事務局は、
海外から日本での医療サービスを希望される外国人患者の方々への窓口です。
外国人患者の方々が日本で受診する際、渡航前、滞在中、帰国後で必要な
サポートをお手伝いしています。

●医療滞在ビザへお問い合わせ
電話番号:81-3-3811-8801
E-mail  :  info@me-jp.org

●MEJ(Medical Excellence JAPAN)HP
http://www.medical-excellence-japan.org/jp/      (日本語)
http://www.medical-excellence-japan.org/ch/index.html (中国語)
http://www.medical-excellence-japan.org/en/index.html (英語)

●身元保証機関(登録医療コーディネーター等)の英語リスト/ 外務省HP
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/medical_stay2.html (英語)

※日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は、外務省に認定登録されている
医療ビザの身元保証機関です。上記の各種手配をコーディネートする機関
としてもMedical Excellence JAPANをサポートしております。

□■□編集発行□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは、中国にて日本エマージェンシーアシスタンスの会員制
チャイナプランにご契約をされたお客様にお送りしております。
※また、弊社スタッフとお名刺交換させていただいたお客様にも
情報提供をさせていただいております。
※メールの配信停止、配信先の変更手続きは、お手数ですが必ず下記へ
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先E-mail:   sales-cn@emergency.co.jp

□■□免責事項□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当社は、本メールマガジンへの情報掲載に細心の注意を払っておりますが、
全ての情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。
本メールマガジン上の全ての内容に関して、誤りがあった場合や、
その他いかなる場合においても一切責任を負いかねます。
なお、当社は理由の如何に関わらず、情報の変更および本メールマガジンの
運営・サービスの全部または一部の中断・廃止によって生じるいかなる損害に
つきましても責任を負うものではありません。

日本エマージェンシーアシスタンスホームページ:http://emergency.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c)2012  Emergency Assistance Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.