【チャイナプラン通信vol.24】 高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染

【チャイナプラン通信vol.24】 高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染

香港特別行政区政府の食品・衛生局および衞生防護中心は6月2日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)のヒトへの感染が確認されたと発表した。

◆当社は中国の医療・衛生・安全に関するメールマガジンを毎月無料で配信しております。配信ご希望の方は、こちらのフォームよりお気軽にお申し込みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012.7

◆【チャイナプラン通信vol.24】≪高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染≫ ◆ 
日本エマージェンシーアシスタンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
チャイナプラン通信は中国で活躍する皆様へ医療情報をお届けする
メールマガジンです。
今月号には弊社に関する重要なご報告もございますので、是非ご一読ください。

チャイナプランについてはこちら
↓      ↓      ↓
http://china-plan.emergency.co.jp/

〈日本への医療滞在ビザのお問い合わせ先もトピック最後にご案内しております〉

┏━━━━━━━━━━━☆今月のトピック☆━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■■■■■ 株式上場のご挨拶 ≪代表取締役社長 吉田一正≫
■■■■ 健康・医療ニュース ≪高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染≫
■■■ 事故・アシスタンス例 ≪出張者・交通事故(外来)≫
■■ 中国法定感染症報告(2012/5)
■ お問い合せ(チャイナプラン・MEJ/医療滞在ビザ)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■■■■≪株式上場のご挨拶≫■■■■■

平素は格別のお引立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、弊社株式は6月20日をもちましてJASDAQ市場へ上場いたしました。
ここに謹んでご報告申し上げます。
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
今後は上場企業としての社会的責任を自覚するとともに、
「アシスタンスでお客様の世界を広げる」をミッションとして、
皆様のご期待に添うよう努めて参る所存であります。
今後ともより一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 吉田 一正

■■■■健康・医療ニュース ≪高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染≫ ■■■■
健康・医療に関わるニュースをお届けいたします。

◆高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染◆
香港特別行政区政府の食品・衛生局および衞生防護中心は6月2日、高病原性鳥インフ
ルエンザ(H5N1型)のヒトへの感染が確認されたと発表した。
患者は、広州市在住の2歳の男児。
5月17~19日の間に母親と行った広州市海珠区にある市場でアヒルなどの家禽と接触、
5月23日には発熱の症状で市内の児童病院を受診するも症状の改善はなし。
5月26日になって発熱の他に痙攣の症状もみられたため、香港にある私立クリニックを
受診し、その後、総合病院の救急救命センターで脳炎の疑いで入院した。
検査の結果、咽喉の分泌物からH5型ウイルスが検出され、プリンセス・マーガレット
病院に転院し、現在入院中。
児童の家族や医療関係者など計80人の健康状態を調査したところ、
2人の医療関係者には呼吸道感染の症状がみられたが、インフルエンザ検査の結果は
陰性であった。
広東省広州市疾病予防コントロールセンターが広州市海珠区の市場を調査した結果、
家禽の籠や、まな板からインフルエンザウイルスが検出された。
同コントロールセンターは今回の件は個別の例と判断しており、大流行の可能性は
低いという。

参照ページ:健康ネット新聞ホームページ (http://www.jkb.com.cn/

◆生野菜を食べて寄生虫病に◆
最近1年あまりの間で雲南省では、26例の原因不明の疾病が報告されている。
患者には高熱や肝臓の痛み、脾臓が腫れる等の症状がみられる。
関係機関の調査で同地区の牛と羊のフンから寄生虫の卵が発見されており、
溝のタニシからは寄生虫の幼虫が発見された。
更に、患者の便の中に寄生虫の卵があることが確認され、
体内には寄生虫も確認された。
これにより原因不明と思われていた疾病は寄生虫病と診断され、
感染源は地元住民が好んで食べる生野菜であるとみられている。
寄生虫病は牛や羊などの家畜が感染するだけではなく、ヒトへ感染することもある。
寄生虫の幼虫は主に牛や羊など哺乳類の動物の胆道に寄生する。
成虫となり卵を生むと胆汁と一緒に腸へ移動し、便と一緒に排出される。
寄生虫は牛の体内で9~12ヶ月生存することができ、羊の体内では11年、
ヒトの体内では12年も生存できると言われている。
人が感染するのは偶然ではあるが、主な感染ルートとして感染期の幼虫を食物一緒に
飲食したり、生の牛、羊の肝臓を食べて感染したという報告もある。
治療には投薬治療が有効であり、雲南省の患者は投薬治療によって回復に
向かっていると報じられている。

参照ページ:健康ネット新聞ホームページ (http://www.jkb.com.cn/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■■ 事故・アシスタンス例 ≪歯科傷害/Wさん(40代男性)≫ ■■■

▼事故例
海外出張で上海を訪れていたWさん。
オフィスから滞在中のホテルへタクシーで向かっていたが、
急ブレーキがかかり、助手席後部のスクリーンに顔面を強打してしまう。
幸い目立ったケガや流血はなかったが、取れた差し歯の処置ができる医療機関を
教えてもらおうと同僚に電話するもつながらない。
海外での医療機関受診経験がなく、土地カンもないWさんはサポートを求めて
チャイナプランラインへ電話する…

▼アシスタンス例
①チャイナプランラインに入電がある。
②Wさんの希望により、最寄の日本語が通じる歯科クリニックを予約手配した。
③Wさんは既にタクシーを降りてしまっていたため、アテンドスタッフを派遣し、
送迎サービスを提供した。
④持合わせの少ないWさんに代わり治療費のお立替サービスを行った。
※海外旅行保険をお持ちの場合でも歯科治療は一旦被保険者が支払い、
その後、保険適用可否についての査定が必要となるが、
チャイナプランでは保険適用可否とは関係なく、先ず治療費のお立替が可能。
⑤Wさんがお持ちの海外旅行保険会社へ保険金の代理請求を行った。
※お立替させていただいた費用は通常、会員様がご加入されている海外旅行保険の
保険会社へ代位請求を行う。
保険適用外と判断された費用に関しては、後日、契約者様に請求となる。

★★まさか、、、の備えもチャイナプラン★★
http://china-plan.emergency.co.jp/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■ 中国法定感染症報告(2012/5)■■

≪発症数上位5≫
肺結核         131,257例
B型肝炎       113,147例
梅毒           40,662例
アメーバ性赤痢     20,290例
C型肝炎           20,105例

≪死亡数上位5≫
エイズ           1093人
肺結核           168人
狂犬病            86人
B型肝炎            56人
C型肝炎           12人

(参考:中国衛生局ホームページwww.moh.gov.cn )

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■ チャイナプランへのお問合せ ■


チャイナプランは、
クーリングオフも可能な安心商品となっております。

駐在員、ご家族の方の安心中国ライフをサポートする
チャイナプランについてはこちら
↓    ↓    ↓
http://china-plan.emergency.co.jp/

チャイナプランや中国医療情報についてご質問、ご意見を受け付けています!

お気軽にご連絡ください。

●電話でのお問合せ
フリーダイヤル:800-8100-194
携帯電話専用 :400-8989-711

●E-mailでのお問合せ
日本エマージェンシーアシスタンス営業部:   sales-cn@emergency.co.jp

■ Medical Excellence JAPAN / 医療滞在ビザへのお問い合わせ ■

Medical Excellence JAPAN(MEJ)コンソーシアム事務局は、
海外から日本での医療サービスを希望される外国人患者の方々への窓口です。
外国人患者の方々が日本で受診する際、渡航前、滞在中、帰国後で必要な
サポートをお手伝いしています。

●医療滞在ビザへお問い合わせ
電話番号:81-3-3811-8801
E-mail  :  info@me-jp.org

●MEJ(Medical Excellence JAPAN)HP
http://www.medical-excellence-japan.org/jp/      (日本語)
http://www.medical-excellence-japan.org/ch/index.html (中国語)
http://www.medical-excellence-japan.org/en/index.html (英語)

●身元保証機関(登録医療コーディネーター等)の英語リスト/ 外務省HP
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/medical_stay2.html (英語)

※日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は、外務省に認定登録されている
医療ビザの身元保証機関です。上記の各種手配をコーディネートする機関
としてもMedical Excellence JAPANをサポートしております。

□■□編集発行□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは、中国にて日本エマージェンシーアシスタンスの会員制
チャイナプランにご契約をされたお客様にお送りしております。
※また、弊社スタッフとお名刺交換させていただいたお客様にも
情報提供をさせていただいております。
※メールの配信停止、配信先の変更手続きは、お手数ですが必ず下記へ
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先E-mail:   sales-cn@emergency.co.jp

□■□免責事項□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当社は、本メールマガジンへの情報掲載に細心の注意を払っておりますが、
全ての情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。
本メールマガジン上の全ての内容に関して、誤りがあった場合や、
その他いかなる場合においても一切責任を負いかねます。
なお、当社は理由の如何に関わらず、情報の変更および本メールマガジンの
運営・サービスの全部または一部の中断・廃止によって生じるいかなる損害に
つきましても責任を負うものではありません。

日本エマージェンシーアシスタンスホームページ:http://emergency.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c)2011  Emergency Assistance Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.